TOP > おすすめ酒レポート >勲碧 純米酒 「地産地消・旭」

おすすめ酒レポート ワイン

勲碧酒造株式会社

No.09 2009.1.1

勲碧 純米酒 「地産地消・旭」

製造元 勲碧酒造株式会社
原料米 江南市産「旭」全量使用
アルコール分 15.5度
精米歩合 65%
お酒のタイプ 純米酒
テイストグラフ

真の愛知県の地酒!昔ながらの手造りで醸す尾張江南の地酒!

食の安全に対する関心の高まりに「地産地消」に注目が集まっています。代表例は、農協や漁業が経営する直売所と思いますがコンセプを「地産地消」として醸し出された日本酒。「すべて愛知県産であり真の愛知の地酒」と近所のお酒屋のお兄さんから勧められ感動したお酒がありました。
何よりも地元を愛する。地元に恩返しをしたい。地元の方に喜んで飲んで頂きたい思いから社長自ら杜氏を務め、家族で少量仕込みにより1本1本を心を込めて醸して造られています。
原料米は愛知県江南市在住の稲山久男氏が丹精込めて生産された「旭」を用い蔵元自慢の地下百米を流れる木曽川伏流水を一切加工せず自然のまま使用し酵母は、控えめな奥行きのある香りと、深い味わいを醸し出す10号酵母のみ使用しています。
香は心地よく、甘味を主体としながら、程好い酸味がバランス良く、するすると飲ませてくれます。旨みの奥深さを感じさせる純米酒です。
蔵元:勲碧酒造蠅和臉毅看創業。 銘柄の「勲碧」くんぺきの由来については澄んだ青空を表す。大自然の力にて醸される清酒に相応しい名として、昭和51年、金沢の長橋靖彦氏に命名されました。澄み渡る碧空を表すことにより、大自然宇宙に通ずる酒を造り、そして国家に尽くすという蔵元の「志」を象徴しています。昨年7月、本サイト内の蔵元紹介にも登場しています。
販売量限定ですので早々探してみて下さい。
1.8L 2,310円(税込) 720ml1,155円(税込)(原料米:江南市産「旭」全量使用・酵母協会10号・酸度1.3・アミノ酸1.5・日本酒度−1)   

このお酒に合う「酒の肴レシピ」

牛肉のカルパッチョ ぶり大根